TOPへ

今月の先生:先生

着替えの動作で指のリハビリを

 着替えの動作は、足や手はもちろん全身の動作が必要なので、日々の暮らしにおける無理のないリハビリになります。例えば、ボタンを留めたりする動作は、指先のリハビリに効果的です。



 また、睡眠と活動の時間にメリハリをつけることができるので、寝たきりの予防にもなります。さっぱりとした心地よさももたらしてくれますから、介護者の状態に合わせて、ファッションを楽しんでもらえるような介助をしたいものです。

着替えの介助の基本

 はじめに、介護者の身体の動き具合や体調を確認します。汗をかいていたり、皮膚の汚れがあれば清潔にしましょう。

 マヒや痛みがある介護者の場合は、健康な側から脱がせて、マヒがある側から着るように介助します。バスタオル等をかけてあげたりカーテンを引くなどして、身体の露出を少なくして介護者に配慮してあげてください。

 着替えの最中は、時間がかかっても可能な限り自力で行えるように声がけし、できないところを介助してあげてください。着替え終わったら、よく確認しましょう。パジャマのシワは床ずれの原因になる場合があるので注意が必要です。発汗や食べこぼしがあった時など、こまめに着替えを行って清潔な状態を保つようにしてくださいね。

着替えの介助のポイント

 室温は24℃前後に保ち、冬は衣類や介護者の手を温めます。着替えの衣類やタオルなどがそろっているか確認し、気温に応じて膝かけや肩かけを準備します。着脱の時には、介護者の指先を小さく丸めて、服に引っかからないように注意し、転倒の予防にも気を配ってください。



 起き上がるのが難しい人でも、着替えの際は電動ベッドの背を上げるなどして、少しでも身体を起こしてもらうようにしましょう。着脱の方法や介助の方法については【図─1、2】を参照にしてください。

 

衣類を選ぶポイント

 着替える際には、着る衣服選びにも気をつけましょう。着脱しやすい素材とデザインのものを選ぶようにし、季節に応じて吸湿性・通気性・保湿性を考慮しましょう。上下が分かれていて、自由に身動きができるもので、伸縮性の良いゆとりあるものを選びます。また、ボタンが大きなものを選ぶとつかみやすいですよ。

 指の不自由な方の場合は、ボタン部分をチャックやマジックテープに換えておくと楽に着替えができます。ウェストや袖口などは、締め付けの少ないゴムやリブ編みのものがいいでしょう。型くずれしにくく、汚れが目につきやすいもので、家庭での洗濯が楽なものを選びましょう。