TOPへ

真夏の暑さは大敵─熱中症と脱水症のお話

今月の先生:唐木 克二先生

静岡県立こども病院
小児救急センター長

熱中症とは?

 熱中症は、高温の環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れることや、体内の調整機能が破綻するなどして発症する障害の総称です。筋肉のこむらがえり、手足のしびれ、失神、めまい、気分不良、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感などの症状がみられます。重度の場合には、呼びかけに反応しない意識障害、けいれん、手足の運動障害がみられることもあり、さらには死に至ることもある恐ろしい病態です。しかし適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。

熱中症はどうやっておこるの?

 熱中症になりやすい環境として、気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日差しが強い、照り返しや輻射熱が強い、急に暑くなったときなどがあげられます。また熱中症は屋外だけではなく屋内でも起こりますので、建物の中であってもこのような環境では十分な注意が必要です。



 高温多湿の環境に体がさらされると、まず高温によって熱が体に入りやすくなります。そのため発汗量が増えますが、かいた汗が多湿のせいでなかなか乾くことができないと体温の調節がうまくいかなくなります。上昇する体温を元の体温まで下げることができなくなってしまいます。やがて汗を産生するために消費された血液中の水分が足りなくなり、脱水症に陥ってしまいます。汗には水分の他に多くのナトリウム分が含まれているため、体内の水分と塩分が減少して、高体温による障害とともに熱中症の症状が現れるのです。

こどもは熱中症になりやすい?

 こどもは体温を調節する機能が発達の途上にあり未熟な状態にあります。言葉を話すことができない乳児では、のどの渇きや暑さなどを訴えることはできませんし、暑さへの対応も保護者に委ねられています。また大人と並んで歩いている場合に大人は平気であっても、こどもは背が低い分、地面からの照り返しや輻射熱にさらされやすく熱中症にかかりやすいと言えます。もとから脱水状態にあったり、過度の衣服を着させていたりした場合にはより熱中症となる危険性が高くなります。



 こども自身では気づくことができなかったりすることもあり、大人がしっかりと気づいてあげることが重要です。

熱中症の予防は?

 予防を適切に行うことで熱中症は防ぐことができます。体温の上昇を抑えるために、涼しい環境作りをしましょう。具体的には、衣服は薄着にしたり吸汗速乾素材にする、日陰に移動する、適宜休憩をとる、水浴びをする、屋内では風通しを良くしたり冷房を使用するなどです。天気予報などを参考にして暑い日は決して無理をしないように過ごしましょう。

 そしてもう一つ重要なことは、適切な塩分を含む水分をこまめに補給することです。暑い日には先手を打って予め水分を補給しておくことも予防になります。「水分を摂り過ぎると、汗をかき過ぎたり体がバテてしまったりするのでかえってよくない」というのは間違った考え方です。体温を下げるためには、汗が皮膚表面で蒸発して身体から気化熱を奪うことができるように、しっかりと汗をかいて乾かすことがとても重要です。汗の原料は、血液中の水分や塩分ですから、体温調節のためには、汗で失った水分や塩分を適切に補給する必要があります。脱水のない場合には市販のスポーツドリンクでも大丈夫ですが、知らず知らずのうちに脱水になっていることも多いので、塩分と水分が適切に配合されている経口補水液がおすすめです。

熱中症になってしまったら?

 症状が進行する前に熱中症に気づくことが重要です。先ほどあげた熱中症になりやすい環境のときには特に熱中症の症状の早期発見に努めるようにしましょう。高い体温、熱感を伴った乾いた皮膚、ズキンズキンとする頭痛、めまい、吐き気、意識の障害(呼びかけに反応がないなど)は熱中症の危険信号であり重度の状態が疑われます。



 熱中症っぽいと思った場合には涼しい環境に移動してください。風通しの良い日陰やエアコンが効いた室内で衣服を緩めて体を冷やす様にし、経口補水液を少しずつ何回も補給するようにしましょう。重度の状態が疑われる場合には速やかに医療機関を受診してください。 最後に…  繰り返しになりますが熱中症は予防が一番大切です。夏を楽しく過ごすためにも予防を心がけましょう。